menu

法人カードとは?メリット・デメリットとおすすめのカードを紹介!

クレディセゾン決済ソリューションサイトTOP > お役立ち情報 > 法人カードとは?メリット・デメリットとおすすめのカードを紹介!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業や個人事業主向けの法人カードは、ビジネスで役立つ機能を備えた便利なクレジットカードです。しかし、どういった特徴があるのかよくわからないという人もいるでしょう。

そこで、法人カードの特徴や種類、利用するメリットやデメリットを解説します。

 

法人カードの特徴・種類


法人カードの特徴や種類を紹介します。

 

法人カードの特徴

法人カードは、その名のとおり法人や個人事業主を対象としたクレジットカードです。

 

経費精算に使うことを想定しているため、個人向けのクレジットカードよりも限度額が高い傾向にあります。引き落とし口座として法人口座を登録することも可能です。

 

法人カードの種類

法人カード大きく「コーポレートカード」と「ビジネスカード」の2種類に分かれます。

 

コーポレートカードは追加カードを20枚以上発行する必要があるような、大企業向けのクレジットカードです。利用限度額が高く、引き落とし先を法人口座と個人口座のどちらにするか選べるものもあります。

 

ビジネスカードは個人事業主や小規模事業者、中小企業を対象としたクレジットカードです。引き落とし先は法人口座とされているケースが多いですが、代表者の個人口座で登録できる場合もあります。

 

法人カードのメリット・デメリット


法人カードには、個人向けクレジットカードにはないメリット、デメリットがあります。

 

メリット

法人カードのメリットは、経理業務の効率化が図れることです。さまざまな経費を法人カードで支払えば、利用明細を見るだけで金額や用途が確認できます

 

経理事務に割いていたコストの削減にもつながるのです。経費の不正利用も防止できるので、ガバナンス強化にも役立ちます。

 

また、支払った経費の引き落としが翌月、翌々月になるため口座に現金が残りやすく、キャッシュフローの安定にもつながるのもメリットです。

 

法人カードによっては、福利厚生サービスなどのビジネスに役立つ付帯サービスを利用できます。

 

デメリット

法人カードのデメリットは、分割払いやリボ払いに対応していないカードがあることです。使いすぎることで、支払いができなくなる可能性があるので注意しましょう。

 

また、キャッシング機能がついていないものも多いため、資金調達には使えません。年会費がかかるカードが多いのも、デメリットといえます。

 

法人カードの選び方


法人カードを選ぶときには、以下の6つのポイントを押さえておきましょう。

 

ポイント1:申込基準を確認

法人カードには、「個人事業主不可」「法人設立から○年以上」などの条件が設定されているものがあります。まずは申込基準をしっかり確認しましょう。

 

ポイント2:年会費を確認

法人カードには、年会費無料のものもあれば数十万円かかるものもあります。年会費が負担にならないか、特典とのバランスが良いかを事前にチェックしてみてください。

 

ポイント3:利用限度額を確認

法人カードは経費精算に使うため、利用限度額が低いとすぐに限度額に到達してしまう可能性があります。

 

利用状況に合う利用限度額が設定できるものを選びましょうただし、審査結果によっては、希望額に設定できないことがあります。

 

ポイント4:ポイントの還元率を確認

法人カードには、利用額に応じてポイントが還元されるものがあります貯まったポイントを使って買い物をすれば経費削減にもつながるので、より高還元率のカードを選ぶのがおすすめです。

 

ポイント5:発行枚数・社員用の追加カードを確認

法人カードによって、追加カードの発行枚数が異なります社員にもクレジットカードを持たせる予定がある場合は、何枚まで追加カードが発行できるかを確認しましょう。

 

ポイント6:特典内容を確認

法人カードには、福利厚生サービスやレンタカー割引サービスなどの特典がついていることがあります各カードの特典を比較して、より便利に使いこなせるカードを選ぶと良いでしょう。

 

クレディセゾンのおすすめ法人カード

クレディセゾンでも法人カードを取り扱っています。おすすめの法人カードを2枚紹介します。ぜひ申し込みを検討してみてください。


sbs_2023.png 

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

 年会費

 永年無料

 入会資格

 個人事業主またはフリーランス、経営者の方(高校生を除く)

 追加カード

 9枚まで

 

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、個人事業主やフリーランスでも申し込めるカードです。

 

登記簿なしの個人与信でも審査可能で、リボ払いやキャッシングも利用できます個人カードと同じように使える便利な法人カードを探している人におすすめです。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

 

 年会費

 22,000円(税込)

 ※年間200万円以上の利用で次年度年会費11,000円(税込)
 ※キャッシング、年会費などは対象外となります

 入会資格

 個人事業主または経営者(高校生を除く)

 追加カード

 9枚まで

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、特典が充実したカードです。

 

プラチナ会員専用コンシェルジュサービスや、海外空港ラウンジ利用などの特典が利用できます充実したサービス内容ながら、個人与信で審査できるのも魅力です。出張や接待が多い人は重宝するでしょう。
 

まとめ

法人カードは、利用限度額が高く、ビジネス向けの特典が豊富なクレジットカードです。経理業務の効率化やコスト削減にも役立つので、法人の代表や個人事業主の方は、ぜひご検討ください。

sbs_2023.png

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加